#31
#31

想いの宿る手技、うみだす妙、
感じる豊かな暮らし

第31回
つくるよろこび「ファブリカ村」


東近江市で50年にわたって稼働してきた織物工場が、地域の人が集う場として息を吹き返しました。ここで生み出されるモノやコトに宿るのは、人の想い。目に見えない心地よさを味わえるファブリカ村は、私たちにとって消費するとはどういうことなのか?より心豊かな生き方を教えてくれているようです。

地域産業を支えた織物工場が生まれ変わる

息を吹き返した織物工場

 滋賀県の湖東地方は室町時代より、麻織物の産地として栄えました。高温多湿な気候条件が麻織物の産業発展に大きく貢献しており、地域ブランドとなった「近江の麻」を生みました。

なかでも絣(かすり)織物は、染め分けられた絣糸によって織り上げられる先染め織物です。旧能登川町である東近江市佐野町の北川織物工場が手掛けてきた絣は、糸を重ねる高度な技によって、独特の奥行のある風合いが感じられます。近年の生活の変化によって産業は衰退しつつある中で、昭和39年から続く工場をよみがえらせたのは、工場を手伝ってきた娘の北川陽子さんでした。

昭和39年から続く工場風景

 地域の貴重なものづくりを、地元の人に広く知ってもらう場、そしてだれもが「つくるよろこび」を体験できるファブリカ村として、もう一度生まれ変わらせたのでした。2010年にオープンして以来、ものづくりの楽しさや、手しごとに込められた想いを共有する人たちが集まってきています。

ていねいに大切に、目に見えない豊かさを求めて

いつもなにかが生み出される

 織物工場の雰囲気をそのままに残すファブリカ村は、いつもなにかが生み出される楽しみがあふれた空間です。魅せる「ステージ」、つくる「アトリエ」、語らう「カフェ」では、絣織物はもちろんのこと、自家製酵母パンのカフェやチョークアートのアトリエ、地域産業やクリエイターによるワークショップ、ミュージシャンらによるライブなどを開催し、場所をレンタルすることでイベントを企画することもできます。

ファブリカ村の自家製酵母パン

 つくり手の作品からは、そこに宿る想いと手技が伺え、ぬくもりを感じられます。つくり手の心とつかい手とのコミュニケーションにも、インターネット上にはない醍醐味があります。

 「つくりたい、やってみたい」と、ワクワクしながらチャレンジできる空間でもあります。生み出すことを楽しみ、生み出すことで知らなかった自分を発見できる感動は、手掛けた人にしか得られないもの。そんなよろこびを応援しているのです。

思い思いに活動する人がつながるムラ

思い思いに集う人々

 「これからはムラの時代。自由に活動をしていく人が増える中で、こうした場所を求めている人にも使ってもらえたら」と、新型コロナウイルスによる外出自粛期間を振り返って話す北川さん。「所属や場所、世間体にこだわらず、自分は自分なのだと気づいた人もいるのではないでしょうか。独立した人の集合体であり、興味をもった人たちが集まってくるコミュニティーでありたい。必要なときにちょっと手をつなげるような関係性が持てると良いですね」つくり手だけでなく子どもたちからお年寄りまで、だれもがつくるよろこびを感じられる、それがファブリカ村のコンセプトなのです。

自分なりに心地よく暮らすこと

北川陽子さん

 手しごとのあたたかみや、つくり手の心、つくるよろこびは、実は私たちの日常にあるのだと北川さんは話します。「日々の生活をていねいに暮らすこと、自分なりの心地よい暮らしに価値を見いだすことによって、すてきな毎日をつくりだしていきます」作るとは、形のあるものだけでなく、人の心や生きる時間。このたびの新型コロナウイルス感染症は、私たちの暮らしについて、一人ひとりに大切な気づきをあたえてくれました。「私たちに変われるチャンスが訪れている」と北川さんは言います。

 なんでも簡単に手に入る時代、心の宿らないモノに溢れた生活は、使っては捨て、また何かを買うことで心の空虚感を埋めようとすることに慣れてしまいます。五感で感じ、心が喜ぶモノやコト、人によって毎日を満たすことができれば、私たちの生活にはそうたくさんのモノは必要ないのかもしれません。「気に入ったものは高価に感じるかもしれませんが、長くつかうことによって自分に馴染んでいく感覚は、心を豊かにしてくれる」ファブリカ村は、そんなことを気づかせてくれる空間なのです。

 一見、時代が戻ったような、この手でつくるよろこび、つくり手の想いを感じるよろこびは、人の心をも豊かに育むこと。これからの「新しい生活様式」は、もうすでに、私たちの心の中あるように思えてなりません。

つくるよろこび ファブリカ村

〒521-1222
滋賀県東近江市佐野町657-3

TEL: 0748-42-0380

ホームページ:https://www.fabricamura.com/